舞殿

DSCN0340.JPG

DSCN0345.JPG

舞殿と書いて「まいどの」と言ったり、神楽殿(かぐらでん)とも称しますが、現在当社では「まいでん」とよんでいます。

昭和二年三月付の「舞楽殿 楽舎 新築支払綴」が残っていますので、昭和2年頃の建築と思われます。

春と秋の大祭の際、御神楽が舞われます。

垂木が放射線状になっていて「扇垂木(おうぎだるき)」と呼ばれる手間のかかる様式に特徴が見られます。

DSCN0353.JPG

 

 

今日の予定